« 拾い物 | トップページ | ハナカマキリのペアリング »

2006年9月17日 (日)

カマキリ探しに

久々の投稿です。カマキリの孵化ラッシュで混乱していました(言い訳(汗))。



カマキリを探しに近くの川へ行きましたので、その様子を投稿します。



(Photo.1)

  私が探しに行った川は元荒川で、私の家の近くではPhoto.1のように綺麗に整備されています。写真は、4月上旬撮影したものなので、まだ冬っぽさが残っています。このように整備された状態は、一見綺麗ですし、移動も楽なのですが、昆虫採集となると、問題があります。写真ですと、右側は整備されていないので、まだマシな状態です。



(Photo.2)

Photo.1,Photo.2は共に橋から撮影しましたが、Photo.2はPhoto.1の後ろ側を撮影したものです。土手はアスファルトで舗装されていますが、河原は草むらになっています(自然ぽいですが、大昔に人工的に手を加えられたことを考えると自然と表現してよいのかどうなのか・・・)。



(Photo.3)

Photo.3は土手で、途中で舗装が切れています。川は右にあります。生活の便を考えると、不便ですが、昆虫採集にはもってこいです。今後舗装計画があるのか分かりませんが、このまま残してもらえればと思います。



(Photo.4)

Photo.4は舗装の切れた所から右後ろを撮影したところです。Photo.1、Photo.2を撮影した橋が右上に見えます。



(Photo.5)

まさに獣道って感じです。ここを歩く人はどれくらいいるんでしょう?



(Photo.6)

実は、トノサマバッタを探しにきたのです。が、結果的には、カマキリばかり保護してしまい、トノサマバッタは1匹も捕まえませんでした。昔からトノサマバッタを飼ってみたかったのですが、生息場所が分からず、この場所に生息していると知ったのは昨年です。素手で捕獲するため、殆ど逃げられてしまいます。さすが殿様、飛ぶと物凄い飛距離です。イナゴ、オンブバッタ、ショウリョウバッタなども生息しているのですが、彼らとは比べ物にならない飛距離です。しかもまだ距離があるのに、接近を感じるとすぐ飛んで行ってしまいます。そんな訳で、素手でトノサマバッタを捕獲するチャンスはかなり制限されてしまいます。一番素手で捕獲しやすいのは、イナゴのように葉の裏に隠れる状況下です。葉の裏に回ることで、視界が制限されるので手をかなり近くまで接近させて飛び立つ前に捕獲できる可能性が高くなります。昨年はその方法で捕らえたのですが(その後逃がしました)、今回はそのようなチャンスに恵まれず、1匹も捕らえることができませんでした。写真の固体にも逃げられてしまいました(涙)。やはり網が必要かな?





(Photo.7)

ススキだらけの土手を歩いていくと、1ヶ所、低木のある場所がありました。経験から、カマキリがこのどこかで日向ぼっこしている気配を感じました。



(Photo.8)

暫く探索していると、居ました!オオカマキリかカマキリの終齢っぽいです。



(Photo.9)

さらに遠くの方に茶色のオオカマキリ。結構大型で、がっしりした体格で魅力的だったのですが、坂になっていてとても保護できる状態でなかったのでこの固体は諦めました。こっちを見てカメラ目線になってます。昆虫は近視と言われていますが、物体が大きかったためか、結構距離(約2m)があったのに、こちらに気づいていました。



(Photo.10)

さらにハラビロカマキリのオス。発見時はノホホ~ンと日向ぼっこしてましたが、カメラ構えたときには、ハチを捕食していました。



(Photo.11)

ハラビロカマキリのオスより奥に茶色のオオカマキリがいました。頭を横に向けて何かを凝視している様子だったので、その視線の先を見てみると、緑のオオカマキリのメスがいました。カマキリの視線に注意するといいことがあることも・・・。



(Photo.12)

結局、保護したのは、オオカマキリのメス3匹(うち2匹が茶色)、茶色のカマキリのメス1匹、ハラビロカマキリのオスメス各1匹の計6匹でした。さらに、イナゴのオスメス各1匹をつかまえました。これはカマキリ用でなく、飼育目的で捕まえました。

 今回、奥へ行ってしまって保護できなかったカマキリは、オオカマキリ、ハラビロカマキリ計3匹でした。この低木に3種類のカマキリが共存(実際は捕食は起きているでしょうが)していました。これだけ色々なカマキリが一箇所で見つかるのも珍しいなぁ~と思いました。環境的によさそうなので、卵が多すぎのときはここへ放そうと考えています。


|

« 拾い物 | トップページ | ハナカマキリのペアリング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カマキリ天国ですね
羨ましい

投稿: abcd | 2011年10月14日 (金) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149128/11926013

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリ探しに:

« 拾い物 | トップページ | ハナカマキリのペアリング »