« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月20日 (木)

新しい家族(19042006)

昨日、ジャングルワールドさんのホームページを見ているとアフリカ産カマキリが入荷してました。早速、仕事帰りに寄ってみました。まずは見るだけと思ってましたが、見ているとだんだん欲しくなって来て・・・。ということになって、結局買ってしまいました。まだケースに正式に種名などの記載がなかったのですが、目で見て欲しいと思ったカマキリをオスメスペアで購入。買ったカマキリはコモラナというそうです。帰宅後ケースを開けると、警戒心ゼロの状態で周りを見回して私の手にも乗っかったり、軽くパタパタと飛び降りたり活発に歩き回り始めました。

見た目はカマキリとコカマキリを合わせた感じで、ほとんど茶色のカマキリです。





続きを読む "新しい家族(19042006)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

メガネを買った

 昆虫の話題でないのですが、今日新しいメガネを買った。買ったといってもレンズができて私の手元に来るのは20日木曜日ですが・・・。

 メガネ購入に至った経緯は昨年12月中旬にさかのぼります。ある日、帰宅が遅くなり最終電車が途中駅で終点となってしまい、そこから歩くことにしました。私の利用している電車は武蔵野線で駅と駅の間隔が長く、また途中に荒川という大きな川があり、橋まで迂回しなければなりませんでした。この橋が長いのなんのって、わざわざ計ってませんが渡りきるまでかなりの時間がかかったように思います。また、外はひどく寒く、途中途中でコンビニを見つけては暖まりながら歩きました。そんなことやってたんで結局1駅で力尽き、そこからは始発を待って帰りました。で、メガネとどう結びつくかというと、橋を渡り終える頃から歩きながら寝てしまい、そのまま電柱に頭を思いっきりブツケテしまいました。その時メガネに大きな傷が入り、それ以来フレームがゆがんで焦点距離のクルッた古いメガネをしていましたが、さすがに目の疲れがひどく(仕事柄朝から晩までコンピュータを使う仕事した挙句、このように帰ればネットするもので・・・)目が痛むわ、頭痛もするわで、たまらなくなり新しいメガネを購入することになったわけです。フレームがあればレンズだけまだ1年経ってなかったんで半額で取り替えることができたのですが、使わないでいたら運悪くフレームがどこかにいってしまいました。もうじきアフリカ便が日本に入り、アフリカのカマキリを購入しようと考えていただけにちょっと痛い出費です。でもカマキリは予定通り購入する予定です。

 それにしても、本当に痛かった!・・・・ぶつけった瞬間何が起こったかわからなかったです。頭も2週間ちょっと腫れっぱなしっだったし。が、それで一発で目がさめました^^;
別に横にずれたわけではなかったんですが、運悪く私がぶつかった電信柱だけ歩道のど真ん中に突っ立ってまして・・・昔からタイミングの悪い人間ですが、つくづくタイミングの悪い人間だと痛感しました。いや~、歩きながら寝るのは危ないからやらない方がいいですね。

 別にやりたくてやった訳ではないですが、何年か前も歩きながら寝てしまい、今歩いている道がそのまま夢で出てきて曲がり道を曲がる夢を見て、フッと目を覚ますと曲がり道でなく民家の壁が目の前にあったことがありました。その時はぶるからなかったですが、私の場合良く有るので本当に気をつけたいと思います。下手すると赤信号を寝たまま渡って車にひかれる危険もあります。といっても気をつけてても寝ちゃうときは寝ちゃうんですよね。こまったな~。

続きを読む "メガネを買った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

ミツバチ?



今日、仕事の帰りにトイザらスに寄りましたが、トイザらスの階段付近で蜂を見つけました。



だいぶ黒っぽいですが、ミツバチのようです。とりあえず、電車に乗っている際にに潰さないように自販機でアクエリアスを飲んでその中にティッシュと一緒に入れて家まで連れて帰りました。

続きを読む "ミツバチ?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

日曜日に花見に行ってきました

昨日は、寒気が酷く、1日寝ていました。まだ、本調子ではありません。寒気は収まりましたが・・・。



日曜日にカマキリ達を連れて自転車で近くの河原まで花見に行ってきました。



Photo.1 私が住んでいる地域では有名な花見スポット(埼玉県元荒川)



カマキリ達と言っても今いる9匹すべてを連れて行くことはできないので、とりあえず、ハナカマキリ♀のリーネ、ハナカマキリ♂のカール、Hierodula sp.♀のエルザ、コモンフラワーマンティス♂のアシュリーの4匹を連れて行きました。リーネはいつも通り私の左手に、エルザは左腕に摑まっていました。オス2匹はさすがに飛んでしまいそうなのでケースに入れて、彼らにも外の様子が見えるよう現地まで行きました。さすがにリーネは年を感じました。昨年まで脚先までみずみずしく、ツメで手に摑まってましたが、今回は、足先がカサカサでほとんど手に摑まることができず、手に乗っかっている感じでした。



花見に行くとどこもかしこも人ばかり(当り前ですね)で、やっと、人の少ないところで撮影したのがPhoto.1です。う~ん?実際は桜がもう少し鮮やかだったと思ったのですが、何かちょっと暗い感じがします。





Photo.2 桜の花





Photo.3 桜の花



桜の花はPhoto.2,3のような感じでした。花びらが落ちているところもありましたが、まだまだ見れる状態でした。先週の強風は酷かったですからね~。





Photo.4 Hierodula sp.♀のエルザちゃん





Photo.5 ハナカマキリ♀のリーネちゃん





Photo.6 ハナカマキリ♂のカール君





Photo.7 コモンフラワーマンティス♂のアシュリー君



やはり、ハナカマキリは桜の花と合ってる感じがします。リーネはちょっと摑まってるのがやっと って感じでした。



今回一番気を使ったのが、オスたちです。今まで散歩といえば国産カマキリか、外国産でもメスだったので飛んで逃げてしまうことはなかったのですが、さすがにオスは飛んで行ってしまう危険が大きいので絶えず様子を監視して桜を満喫させました。今度は、今回行けなかった他の5匹も順番に散歩に連れて行き外の世界を体験させてあげたいと思います。う~ん、カマキリ数が増えてくると散歩もキツクなるなぁ~。

続きを読む "日曜日に花見に行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

やっと、最後のコモンが羽化!

先ほどケースの中を覗くと、中々羽化しなかったフラワーコモンマンティスが羽化していました。残念ながら、羽化シーンの写真撮影を行うことができませんでしたが、羽化不全することなく、無事羽化できたので良かったと思います。





Photo.1 羽化前夜(2006年4月7日))の状態



Photo.1は、翅の部分がパンパンに膨れていて、今か!今か!と待ちながら昨日7日に撮影したコモンフラワーマンティスの写真です。すでに、前翅部分が緑色に色付いていて、中央に、コモンの特徴の点模様も見えていました。





Photo.2 羽化が終了し、体を乾かしている状態



Photo.2は、羽化が終了し、殻を脱ぎたてで柔らかい体を乾かしている状態で、ケースを除いたときにはすでにこの状態だった。羽化過程の写真が取れなかったのは残念でしたが、それは次回のお楽しみということで、羽化不全なく羽化が終了したことを喜びたいと思います。



メスの成虫を見た感想としては、お腹に比して翅が短くて細いなぁ~ということです。オスは、逆にハナカマキリと同様にお腹に比して翅がながいなぁ~といった感じがしました。さて、羽化の次はペアリングに挑戦しなければ。

続きを読む "やっと、最後のコモンが羽化!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

両手持ち

以前、脚を舐めるときに脚を両手で持つシーンがあって、写真を撮ったことがありましたが、その後PCの不調で写真を失ってしまいました。しかし、先日同じ動作をまた行っていたので写真を撮ることができました。







これはどうやら、老化で、脚を片カマだけで口の近くに維持することが困難になっているようです。ただ、このようなことは普段はめったに行わず、たいていは普通に片カマだけで脚を持って舐めています。最近はどうも左後脚にガタがきているようです。

続きを読む "両手持ち"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

久々の投稿

気づけば丸2ヶ月ほったらかしになっていた・・・・・。



ようやく外も暖かくなってきて、桜の花もかなり咲いています。それにしてもなぜ桜の花が咲く頃って例年風が強くなるんだろー?まるで故意に花を散らせるために吹いてるみたいだ。今週の日曜日は晴れていたらハナカマキリのリーネに桜の花をみせてあげたいな。ハナカマキリは、最近ランカマキリと呼ばれることが多いようで、その名のとおりランの花ににているけれど、色々な花を買ってきて乗せてみると、結構どの花にも似合っているような気がする。



(Photo.1) 2005年8月13日当時の写真



Photo.1はピンク色のカーネーションの花に擬態しているハナカマキリで、リーネがまだ子供の時の写真です。見事にカーネーションの花に同化しているように思えます。この時、不思議と、日に日に最初白かった体がカーネーションの花のピンク色に近い色に変わってきました。ハナカマキリの幼体には白色、ピンク色、黄色の固体がいる様ですが(成体はほとんどが白になるそうです)、リーネの場合、たまたまピンクになったのか、ピンクのカーネーションに似せてピンクになったのか、不明です。ただ、Photo.1の写真は8月13日撮影の写真ですが、その前後に撮影した



(Photo.2) 2005年8月1日(リーネがうちに来た日)当時の写真





(Photo.3) 2005年8月25日当時の写真



家に来た8月1日に撮った写真(Photo.2)と8月25日に撮った写真(Photo.3)では、どう見ても体色は白いです。たまたま体色の変化とその頃乗った花の色が似ていたのか、花の色に似せてカマキリが故意に体色を変化させていたのかは不明です。



ハナカマキリを花見に連れて行ったら、桜の花とも似合いそうです。これが幼体だったら、もっと似合うんだろうなー。

続きを読む "久々の投稿"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »