« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

ハナカマキリが見つかった!

1月26日午前2時30分頃から行方不明になっていたハナカマキリが今日午前2時9分に見つかった。絶望的だっただけにまさに奇跡です。

 帰宅したときには、昨日までと同じで全く気配を感じませんでした。いつも通りPCで少し作業をして、眠くなったのでそのまま床に寝てしまったのですが、ふと起きると、午前2時9分くらいでした。PCも点けっぱなしで寝ていたので、PCの電源を落とし、灯りを消してベットで寝ることにしました。PCを消し、次に灯りを消そうと後ろを振り返ってスイッチを押そうとした瞬間、ふと床で白いものが動いているのが目に入りました。全く何事も無かったようにリーネが床をノコノコ歩いていました。実に不思議な光景でした。リーネが歩いていたところは、ほんの数十秒前まで私が寝ていたところだったからです。
 本当に不思議です。部屋の中の物をほとんど部屋の外へ出して隠れられる場所が無い状態で捜索しても見当たらなかったのに・・・
でも出てきてくれて本当によかったです。

続きを読む "ハナカマキリが見つかった!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

ハナカマキリが行方不明

水曜日の夜まで一緒にDVDを見ていたのに、ちょっと居眠りして、午前2時半頃起きたときには、いなくなっていた。また、その辺のラックの柱を登ったのかと思い探して見たが見当たらなかった。鏡で背中を見て見たがやはりいなかった。とりあえず、朝も一度見て見ることにした。しかしやはり、見当たらず、仕事を休んで荷物を部屋から出して探して見たが見当たらなかった。次の日はさすがに2日も休めないし、時間が経てば目立つところに現れるかも知れないと思い仕事へ行った。帰ってきて部屋の中を一通り見回して見たがやはりいなかった。そこで、部屋の中の物をほとんど外へ出して探して見ることにした。荷物をほとんど外に出した後、探して見たがやはりいなかった。遺体もないのでどこかにいるはずだが、まるで存在しないかのように全く見つからなかった。もちろん、荷物を外へ出すときはカマキリがいないか確認しているので知らず知らずのうちに部屋の外へでてしまった可能性も少ないはず・・・。まさに神隠し状態、実に奇怪な日科学的な何かが起こったとしか思えない状態ですでに手も足もでない。見つかるといいけど、かなり絶望的。
ほんとに困った・・・

続きを読む "ハナカマキリが行方不明"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

また、新しい家族

また新しい家族が来ました。スフィロアクアさんでカマキリ達の食事を購入した際に2匹のタイ産カマキリを頂きました。種類は不明です。ただ、昨年10月に保護した謎の大型カマキリに似ているので、あの時のカマキリの謎が解ける可能性がでてきました。謎のカマキリと違って腕に黄色い点(ハラビロカマキリと違って3つでなく2つ)があった。





到着した2匹は運搬中に脱皮したようにきれいな黄緑色をしていました。内一匹は、運送中の揺れで目をぶつけてしまったのか、左の複眼が凹んでしまっていました。とりあえず、生活に致命的な影響はない様で良かったです。

続きを読む "また、新しい家族"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

肥満ぎみのリーネ

昨年(2005年)11月頃からハナカマキリのリーネが肥満ぎみです。コオロギの成虫を2、3日に一匹与えていたのですが,今では1週間おきに与え、その合い間は水や健康飲料を飲ませるようにしています。しかし、1週間経ってもほとんどお腹がほとんどへっ込まなくなってしまいました。意外と、無理して食べるので、先日はお尻から体液のような尿のような液体が出てきました。すぐに収まったし、後日黒く(カマキリの体液は酸化すると黒くなる)ならなかったので、尿だったのだと思います。とりあえず、コオロギ成虫では大きすぎるので、今度、中サイズのコオロギ幼虫を購入したいと思います。ちなみに、交尾してないので卵を産むわけではないようです。交尾して無くても無精卵産むことがありますが、9月3日に羽化して以来1度も産卵してないから卵がお腹に溜まってるのかな?
とにかく、食事を与えると加減なく食べてしまうから気を付けなければ。
与えすぎるとお腹破裂しそうだし、少ないと餓死しそうだし・・・困ったもんだ。

続きを読む "肥満ぎみのリーネ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4齢?

さっそく、今年も見事に3日ぼうずをやってしまいました。コモンフラワーマンティスは、残念ながら拒食の1匹が死んでしまったが、他の固体は順調に成長を続けています。今日までに5匹中3匹が家に来て2度目の脱皮を行い、4齢となりました。

blog_18012006_1 だいぶ、茶色から薄い黄緑色になってきた固体も現れました。

  正直なところ、クリヤーカップの掃除の際、ゴチャゴチャ混ざってしまったため、どの固体が何度目の脱皮か分からなくなってきました。すでに5匹以上脱皮をしているので、4齢と思われるが、2回は脱皮しているはずの固体でもまだ体の色が茶色かったり、小さかったりしてます。この頃からオスメスの体の大きさの違いが出てくるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4例

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

買い物

今日は中野のジャングルワールドまでリーネ食事を買いに行った。コモンフラワーマンティスは今、200ccよりやや小さいプリンカップに一匹ずつ入れているので、少し大きめのプリンカップを同時に購入した。さらに今回は悪い癖がでて、B級品のアスタコイデスノコギリクワガタのペアを衝動買いしてしまった。測るとオス≒62.2mm、メス≒28.6mmだった。



このオスは帰宅途中の寒さもあってか、部屋で明けた当初はこのまま死ぬのでは?と思うぐらい反応が悪かったのに、ゼリーを与えてしばらくすると何か怒ってて指を挟もうとしたり・・・。まあ、メスにはやさしくしてね。

続きを読む "買い物"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

Ein glückliches neues Jahl !

あけましておめでとうございます。

ハナカマキリも無事新年を迎えることができました。うちに来たのが8/1なので、ちょうど5ヶ月いっしょに生活していることになります。私は11月半ばに野外種を保護して飼育することが多かったので、平均2ヶ月くらいの年が多いのですが今年は私がいままでカマキリを飼った中では一番長く一緒に生活していると思います。このまま春まで元気に生きてまた一緒に外へ散歩に行ければよいと思います。



今日の朝方、ものすごい羽音で起こされました。先日、時期早々羽化したアトラスオオカブトムシのメス2匹が部屋の中を飛び回っていました。それにしても、しっかりしまっていた飼育ケースの蓋を開けてしまうとは何て力でしょう。正月早々変な起こし方しないでね。

続きを読む "Ein glückliches neues Jahl !"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »